坐骨神経痛になる要因って、おおまかに言えば、「何かの原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)によって坐骨神経が圧迫されることで、主に足腰に痛みや痺れなどが出る症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)」を言います。坐骨神経痛(?の下の方が痛む時には、疑ってみた方がいいかもしれませんね)と言う言葉は病名なのではなくて、なんらかの病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)や要因によって起こる症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)の一つですのです。ですから、本当の原因としては人それぞれで全然違うものです。比較的若い人に起こり易いのは、腰椎椎間板ヘルニア(?痛の原因の一つとしてとても有名ですよね)が原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)の坐骨神経痛(?の下の方が痛む時には、疑ってみた方がいいかもしれませんね)です。これに対し、高齢者だったらには老化が原因となる腰椎の変形が原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)になることが多く、人によっては帯状疱疹が要因で坐骨神経痛(?の下の方が痛む時には、疑ってみた方がいいかもしれませんね)を発症する場合もあるみたいです。また、妊婦さんの場合だったら、大きくなる腹部に坐骨神経が圧迫されて坐骨神経痛(?の下の方が痛む時には、疑ってみた方がいいかもしれませんね)を発症しやすいようですよ。それに、女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)に多いと呼ねれている骨粗鬆症(高齢の女性を中心に増加傾向にあり、骨折しやすくなる他、骨が変形したり、痛んだりします)による骨の変形も、坐骨神経痛(?の下の方が痛む時には、疑ってみた方がいいかもしれませんね)のもととなるになるはずです。ぎっくり腰が原因で坐骨神経痛(痺れや痛みを感じて、立ち続けたり、座り続けたりするのがつらいこともあります)になったり、梨状筋症候群と言う病気(先天的なものも少なくないでしょう)が原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)の事もあるらしいです。このように、坐骨神経痛の原因としては人それぞれで違いがあり、その症状の現れ方やひどさにも違いがあります。ひどい場合には手術が必要ですし、妊婦さんの場合は出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことをいいます)してしまえば治ってしまう事もあります。とりあえず、医師(最近では、セカンドオピニオンを利用する人も増えてきているようです)の診察を受けて、その原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)を究明することが重要になりますよ。その原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)によって、治療法にも違いが出てくるためです。高齢者の場合には、歩けなくなることでボケがすすんでしまうこともありますから、早いうちに対処したいものですー